1. ホーム
  2. 学校概要
  3. 学校長挨拶
  1. 学校長挨拶
  2. 学校基本情報
  3. 学校要覧
  4. 教育課程
  5. 学校経営方針
  6. 学校評価

学校長挨拶

羽村市立武蔵野小学校 校長 海東朝美

平成30年4月1日

ようこそ武蔵野小学校へ


 武蔵野小と羽村三中の通学路には、子供たちの安全を見守る地域・保護者の目がたくさんあります。そこでは、毎朝児童・生徒の元気のよいあいさつが響き渡っています。武蔵野小学校は、地域と共に39年を歩んできました。

 開校当時、この学校の周辺は武蔵野の雑木林がたくさんありました。地域にはまだその豊かな自然が一部残されていますが、現在は多くの住宅や工場、大型スーパーマーケットが点在します。昔と変わらないのは、武蔵野小学校をご支援いただける地域の皆様が、今もなお交通安全、防災、学習支援等に積極的にかかわってくださることです。武蔵野小学校は、すばらしい地域の教育力に支えられた学校です。

 平成30年度、武蔵野小学校は、20学級567名 でスタートしました。

【目指す学校】

新しい時代を切り開く

「問題解決能力、人間関係形成能力、主体的実践力」

を身に付けた子供のいる学校


平成30年度 武蔵野小学校が子供たちに身に付けさせたい3つの力 
1.よく考える子(かしこく):◎自分で考え、自分の考えを表現できる力
2.思いやりのある子(やさしく):人も自分も大切にできる力
3.健康な子(たくましく):心と体を鍛え、前向きに取り組もうとする力 

  • 基礎・基本をしっかりと身に付けさせること、「思考力・判断力・表現力」を育てことを通して、子供たちの学ぶ意欲を育てます。
  • 羽村市隣接型小中一貫教育を活かし、人やものと深くかかわりながら「自立した人育て」を目指します。
  • 人のために自分ができることを考え、実践していく力を育てます。 


   平成30年度 取組事業    


1. プログラミング学習推進事業(東京都指定1年目)  

  • 子供たちの思考力を伸ばします。理論的思考力を身に付け、考える力を育てます。


2. 特色ある教育事業 

 ① 基礎学力向上プロジェクト: 個に応じた学習支援を進めます。 
学ぶ意欲を高める学習環境を整えます。

 ② 学びを広げるプロジェクト: 本物の体験に出会わせ、自己解決能力や社会性を育てます。
地域人材や専門家を活かし、羽村学・人間学を充実します。


3. オリ・パラリンピック推進教育・ボランティアマインドアワード校

  • 体力の向上を目指します。(全員外遊び なわとび・マラソン週間 地域行事参加)
  • オリンピック・パラリンピック開催に向けた学習プログラムを実践します。

 ※アワード校テーマ:ボランティアマインドの育成
  障害者理解 国際交流については、これまでの実績を継続します。

校内研究   主体的に思考し、表現できる児童の育成
~プログラミング学習を取り入れた授業を通して~
  • 課題解決学習を軸に子供たちの思考力を伸ばします。

  ※プログラミング学習:課題解決のためにどんな順番で考えていくとよりよく解決できるか論理的思考力を身に付け   るための思考のツールの一つ
   (新学習指導要領 平成32年度から本格実施)

 今年度も武蔵野小学校へのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。