羽村第二中学校校歌

小林 純一 作詞 / 中田 喜直 作曲

1.みどり豊かな武蔵野の
面影残す富士見台
ここよ未来の大空に
つばさ連ねて飛びかける
若いおおとり育つところ
羽村二中 羽村二中 第二中学校
羽村第二中学校

2.多摩の流れが 真二つに
分れて走る 取水堰
水の命の かがやきを
きょうも 称えてわたしたち
力寄せ合い 学び励む
羽村二中 羽村二中 第二中学校
羽村第二中学校

3.富士を間近な 友と見た
歴史も古い このあたり
ここに新たな 鐘の音を
高くひびかせ わたしたち
理想めざして 進み進む
羽村二中 羽村二中 第二中学校
羽村第二中学校


クリックすると合唱を再生します。(2分34秒)

作詞家: 小林 純一氏

東京生まれ。1930年(昭和5年)中央大学経済学科中退。北原白秋に師事。本名純一郎。

【代表童謡】
「みつばちブンブン」「大きなたいこ」

【著書】
『現代こどもの歌名曲全集』中田喜直と共著

作曲家: 中田 喜直氏

1943年に東京音楽学校(現・東京学芸大学)ピアノ科を卒業。歌曲、合唱曲、童謡などの分野で覚えやすく印象的なメロディーで、広く親しまれる曲を多数作曲した。生涯の作品数は約二千曲に上る。父は「早春賦」の作曲者中田章氏。

【代表作品】
「おかあさん」「お正月」「ちいさい秋みつけた」「雪の降る町を」「めだかのがっこう」 「夏の思い出」