羽村市立第二中学校のホームページへようこそ

学校長挨拶

信頼 主体性 挑戦 まちづくり

羽村市立第二中学校 校長 金子真吾


 平成30年度がスタートし、一か月が経ちました。日々の授業、様々な教育活動や学校行事等を通じて、教師と生徒・保護者、生徒同士の信頼関係の構築を原点として、学校経営を進めて参ります。

 具体的には、次の3つの取組を重点目標としています。

 (1)授業改善を重点として、言語技術を培い、生徒との問答場面を設定し、なぜ、そう考えるのか「根拠」を問う場面を大切にします。

 (2)信頼で結ばれた仲間づくり、学級づくりを生徒が主体的に考えます。不登校の予防と復帰を中心とした学校経営を展開します。

 (3)特別な配慮が必要な生徒、外国にルーツをもつ子どもたちへの理解を深めます。

 ここに掲げた目標は、一朝一夕に完成するものではありませんが、新たな挑戦は人を成長へ導くとの思いから、新たな芽を育んでいきたいと考えています。挑戦を止めた時に、衰退は始まります。理想の未来をつくるために一歩前へ踏み出します。

 結びに、「信頼」を学校経営の柱として、教職員が一丸となり全力で子どもたちを支え、指導してまいります。
 保護者、地域の皆さま、教職員がベクトルを合わせ、これからも地域と共にある学校づくりを進める所存です。
 今後とも羽村第二中学校の教育活動に、ご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。