1. ホーム
  2. 学校概要
  3. 学校長挨拶
  1. 学校長挨拶
  2. 学校基本情報
  3. 教育課程
  4. 学校経営方針
  5. 学校評価

学校長挨拶

平成29年度スタートにあたって

羽村市立富士見小学校長
校長 岡前 克之

 4月に第13代校長として赴任した岡前 克之です。
 4月6日(木)富士見小学校の平成29年度がスタートしました。
満開の桜のもと、子供たちはやる気いっぱいの笑顔で、新しい友達や先生との出会いを楽しんでいました。

 学校は、子供たち一人ひとりが「不思議だなぁ。おもしろいな。」と課題を発見し意欲的に追究していく中で、友達と学びあい、考えを深め、高めあう場所です。そのために私たち教師は、様々な体験や活動を意図的に設定し、子供たちがより学びの世界を広げられるように指導・支援していく必要があります。また、子供たちが友達と積極的に関わり社会性を磨き、自立や成長をとげるように見守り、子供たちの「できたこと」を認め、保護者とともに成長を喜べるような価値ある教育活動を展開する責務があります。

 本校では、このような学校観のもと、めざす児童像を「多様な人との関わりを通して、自他の違いを認め尊重し、より良い社会を築こうとする児童」とし、その達成に向けて次の3つの重点目標を設定し、教育活動をすすめてまいります。
  1.子供たちが自ら学び、個性を伸張する質の高い教育を展開する。
       羽村2中校区の小中一貫教育の充実を図り、小中9年間を見通した様々な教育活動を実践する
      中で、多様な人との関わりを設定し、自動が課題解決に向けた目標をもち、その達成をめざす。
  2.子供一人ひとりと向き合い、保護者の気持ちで接する教師集団をつくる。
       常在童心 「よく見ようすべてのものを そして開こう心の眼を」を今日梅雨実践し、保護者・地域
      と共に子供たちの姿を共有し(共育)、子供たちの意欲を高めるために協力し合い(響育)、子供た
      ちの成長を見守り育てる教師集団をつくる
  3.安心安全な学校をつくる
       いじめや不登校のない学校、安全を意識して元気に活動する学校、保護者が安心して任せられ
      る学校をつくる。