1. ホーム >
  2. 学校概要 >
  3. 学校長挨拶
  1. 学校長挨拶
  2. 学校要覧
  3. 教育課程
  4. 学校経営方針
  5. 学校評価
  6. 校歌

                                            

 羽村市立松林小学校 校長 瀬戸 隆幸


                                                             平成294月吉日

 

今年度より、羽村市立松林小学校の校長となりました、瀬戸 隆幸と申します。前任の仙北谷 仁策 校長先生より松林小学校の学校経営を引き継ぎました。「子供たちの輝く笑顔のあふれる学校」を目指し、全力で学校経営に当りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

4月6日(水)に、本年度の前期始業式及び入学式を行いました。当日は天候に恵まれ、校庭に咲いた満開の桜が、子供たちの新しいスタートを祝福してくれているようでした。明るく輝いていた1年生と多くの保護者の皆様にとっても、素晴らしい1日になったのではないでしょうか。

さて、本年度は新入生32名を新たに迎え、全校児童199名、学級数は各学年1クラス(6学級)と特別支援学級、まつのこ学級(2学級)の計9学級となりました。羽村市教育委員会による人材支援も含め、教職員48名の体制で本年度の教育活動を進めていきます(詳細は、「松林小だより」No.1をご覧ください)。

 さて、本校では、「 がつくる美しい学校」を合言葉に、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童の育成を目指しています。

 

◎ く考える子 (知) ○ つも元気な子 (体)  ○ ころのやさしい子 (徳)  

 

これらの実現のため、日々の授業や子供たちとの関わりを大切にしていくことは当たり前のこととして、保護者、地域の皆様にも、ご理解、ご協力をいただきながら、学校として様々な取組を進めていきたいと考えます。

 

<主な特色ある教育活動>(順不同)

・東京都道徳教育推進拠点校(「特別の教科 道徳」の先行実施 )

・東京都人権尊重教育推進校

・東京都オリンピック・パラリンピック教育の推進(世界ともだちプロジェクト、子供たちの体力・運動能力の向上と運動習慣の定着、体育授業の改善)

・羽村二中校区における小中一貫教育の取組(校区内の3小学校どうしの交流、小・中学校の共通的な取組、乗り入れ授業や体験入学など)

・「特別の教科 道徳」の校内研究

・羽村市動物公園内登校(毎週火曜日・金曜日)

・都立羽村特別支援学校との交流(障害理解教育)

・羽村市スイミングセンターでの水泳教室(6月、9月の年4回)

・松林タイム(朝の10分間読書)、ステップアップタイム(国語・算数の理解・習熟)、家庭学習(学年×10分、6年「コツコツノート」)の充実

・ゲストティーチャーによる授業や体験活動の推進・充実

→併せて、本HP内にある学校経営方針教育課程をご覧になってください。

 

教職員一同、子供たちのことを常に中心に考え、一丸となって教育活動を進めていきます。この1年どうぞよろしくお願いします。