本文へスキップ


「 ESD 」とは……?
ESD = Education for Sustainable Development
「学校における持続可能な発展のための教育」

ESDの視点に立った学習指導の目標
持続可能な社会づくりに関わる課題を見出し、それらを解決するために必要な能力や態度を身に付ける。」
                          ことを通して、持続可能な社会の形成者としてふさわしい資質や価値観を養います。

 


5年生 稲作体験 ステップ@「もみふり」  
4月25日(火)

 5年生では未来に伝えていくべき文化の一つとして日本の
「稲作」について実際に活動しながら、学んでいきます。
 地域の農家さんや稲城市役所の方々、またJAの担当者さんご協力のもと、今年度の稲作体験の学習がスタートしました。
はじめての活動となった今日は、稲を植える前段階の「もみふり」の作業を行いました。
 いくつかのタッパーの上に、土を敷き、それを平らにならしてからもみをふり、さらに土をかぶせて平らにならします。最後にじょうろでたくさんの水をあげたものを伊藤さんがビニールで包んでくれました。これからの成長していく過程がとても楽しみになったとともに、稲を植える前にも多くの工程があることを知りました。