本文へスキップ


若葉台小学校からのお知らせ 
児童の様子 最終更新日 2017年 3月21日
 







 3月21日(火)
 3年生   〜とうふのみりょくを伝えよう〜

3年生では、大豆ととうふを題材にして1年間様々な学習に取り組んできました。その学習活動の1つとしてとうふのパッケージ作りにも挑戦しました。パッケージにどんなキャラクターを載せればとうふの魅力がより伝わり、買いたいと思ってもらえるかを一生懸命話し合いました。自分たちが考えた24種類のパッケージの中から、子供たちが投票し、3年生の代表のパッケージを決めました。21日(火)には、1年間お世話になったおとうふやさんの須黒さんが、まめたまどうふを持ってきてくださいました。自分たちが作ったパッケージを実際の商品に貼り付ける活動では、綺麗に貼ろうと集中して作業をしている姿が印象的でした。一生懸命調べ学習をし、とうふの良さをたくさん知った子供たちは、「醤油がなくても美味しい!」や「香りがすごくいい!」と言いながら、とうふの味を楽しみました。1年間、たくさんのことを教えてくださった須黒さん、本当にありがとうございました。

 自分たちで課題をもち、その課題を解決するにはどうしたらよいのか、それを1年間考えながら学習に取り組んできました。大豆ととうふの学習で身に付けた、「課題を解決する力」を、子供たちには大切にしていってもらいたいです。










 3月16日(木)

新1年生に向けて

1年生は、4月に入学してくる新1年生に向けての様々な準備をしています。

その準備の1つとなるのは、入学式に披露する劇です。「学校の楽しさや1年間の様々な行事を知ってもらいたい」「入学式での緊張を少しでも和らいでもらいたい」という願いを込めて、日々一生懸命に練習をしています。

新1年生が入学してくるのがとても待ち遠しいです。
入学式に参加される方、新2年生が披露する劇、楽しみにしていてくださいね♪


 


 


 3月15日(水)

2年生 

 生活科「大きくなったよ」の学習で、自分自身の成長について振り返り、これまでの生活や成長を支えてくれた人のことや、これからの成長について考え、表現する活動をしました。

 今日は、誕生学アドバイザー・バースコーディネーター・子育てコンシェルジュの青木先生による「生まれてきてくれてありがとう」の講演会がありました。

 子どもたちは、自分自身が「おなかの中でどのように大きくなったのか」や