小針小学校
教育目標
目指す学校像(ミッション)
 魅力と信頼のある小針小学校

1 学校教育目標
              「心豊かに伸びる子」

 
○やさしい子・・・生命を尊重する子、思いやりのある子、仲良く助け合う子
             自然を愛し美しいものに感動する子 人のために尽くす子

 
○考える子 ・・・自ら考える子、真理を追究する子、学び方や考え方が分かる子
             学習したことが生かせる子

 
○元気な子 ・・・元気いっぱい笑顔な子、進んで運動する子、汗を流して働く子
             健康や安全に気をつける子 最後までがんばる子

      
     合い言葉 : 明るい笑顔 輝く瞳 光る汗

2 学校経営方針
       基本的生活習慣の定着

      時を守り、場を清め、礼を正す

  基礎・基本の徹底

  学習指導要領の趣旨及び内容の徹底

 自ら学び、自ら考える力の育成

  過去の校内課題研修を生かした課題解決型学習の定着

 豊かな人間性の涵養

  教師と子供、子供と子供の人間的な触れ合い(絆)の重視

 プロ意識の醸成
  教えるプロ、生徒指導のプロ、校務のプロとしての意識向上

 積極的な学校情報の公開

  情報を共有し、職員と家庭・地域との協働体制の構築

 学年経営の充実

  学級間、学年間の連携。学年内一部教科担任制の実施

 新学習指導要領実施への準備

  カリキュラムマネジメントとアクティブラーニング

 業務改善の推進

  子供たちと向き合う時間、教授に係る準備等の時間の確保

3 目指す学校像

@    児童が「小針小で学んでよかった」と言える学校

A    保護者が「ぜひ小針小で学ばせたい」と言える学校

B    地域の方が「小針小なら協力したい」と思える学校

C    職員が「小針小で働いてよかった」と思える学校

4 目指す教師像

@    子供の心に寄り添う教職員

A    子供、保護者、地域の方から信頼される教職員

B    研修に励み、専門性を高める教職員

C    授業を大切にし、職務を遂行する教職員

D    和と協力を大切にする教職員

5 本年度の重点目標

@       凡事徹底「当たり前のことが当たり前にできるように」

〇「無言掃除」の実行

○ さわやかな挨拶と元気な返事の徹底

○ 靴のかかと揃えの確実な実行

A       学力向上「表現力を通して基礎基本の定着と学力の向上」
      国や県、町の学習状況調査の分析・活用

〇 家庭学習の習慣化(10分×学年を目安)
 読書の習慣化(年間最低20冊)

B       体力向上「体を鍛える」

     〇 体育の授業時の運動量の確保

○ 休み時間の外遊びの奨励

     ○ 保健、安全、食育指導の充実

C       豊かな心の育成「心を磨く」「絆を深める」

〇 いじめの早期発見・早期解消、不登校児童の減少

〇 道徳の授業の充実・「考え、議論する道徳」への授業の工夫・改       

 子供と教師の信頼関係に基づく学級経営の展開

D       三者連携

〇 学校だより、ホームページの充実、メール配信の活用
授業参観、家庭訪問、学校公開、保護者説明会の有効活

 PTA、おやじの会、学校応援団や地域の行事との連携

  E 新学習指導要領実施への準備

   横断的な学習や地域人材の活用

   主体的・対話的で深い学びの創造

   移行期における確実な教育課程の実行

   特別の教科 道徳、外国語活動(3〜6年生)の確実な実施

  F 業務改善の推進

     ○カエル会議の実施 業務の具体的な改善策構築

     ○業務改善により、心身ともに充実した教職員が、児童のために生き      生きと働く職場つくり

 
 トップページへ