伊奈町立小針小学校
学校長あいさつ
            伊奈町立小針小学校 校長 中島 晴美

ようこそ。小針小学校のホームページへ。

はじめまして。第33代伊奈町立小針小学校長を拝命致しました中島晴美(なかじま  はるみ)です。どうぞよろし〈お願いいたします。

私が日々大切にしていることは、「感謝 笑顔 挑戦」です。小針小学校の子供たちをはじめ、保護者の皆様、地域の皆様、そして小針小学校の教職員に出会えたことに感謝し、初めて教壇に立った時の志を忘れず、一歩前進を目指して挑戦し続けます。

本校は、今年度で開校145年目を迎えます。145年前と言えば、明治6年ということになりますが、この前年の明治5年に学制が発布されております。廃刀令が出されたのが明治9年ということですから、まだ刀をさしていた時代から小針小学校は存在していたのだと思うと、その歴史と伝統の重みを改めて感じます。

このような伝統校に着任できたことに、心から感謝するとともに、責任の重さを実感しております。先代の校長先生方から脈々と引き継がれてきた伝統を守りながら、今の学校教育に必要な新しい風をしっかりとつかみ、未来へ大きく繋がる教育の推進に努めてまいります。

今年度も、小針小学校の教育目標【目指す子供像】「心豊かに伸びる子」を継承しながら、合言葉「明るい笑顔 輝く瞳 光る汗」を掲げ、「チーム小針」として教職員がー丸となり、子供たち一人一人を大切にした教育に全力で取り組んでまいります。

 また、本校が力を入れて取り組んできた、「あいさつができる子の育成」は、明るい笑顔になるための第一歩と考え、継続して力を入れて取り組んでまいります。

豊かな学校教育は、保護者・地域の方々との信頼関係のもと、皆様のご理解・ご協力があって実現がなされます。本年度も、今まで同様、深い信頼関係のもと、小針小学校の豊かな教育の実現のために、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



 トップページへ